リラックスしている女性

レチンAクリーム0.025%の副作用

顔を洗っている女性

ある日、鏡を見てふと気づく小さなシミ、気をつけていたのに悔やんでしまったことありませんか。
そんな経験、ある程度の人が経験すると思います
何故出来てしまったのかと考えるより、薄くなるまで頑張って長期的なケアをするしかありません。

出来てしまったシミを、薄くするためにハイドロキノン配合の美白化粧品はでの集中ケアが人気です。
只、ハイドロキノン配合というとの美白化粧品は、即効力が高い反面、刺激が強く肌にダメージを与えかねません。
つまり敏感肌の人には向かないようです。

実は、最近女性の間でハイドロキノン配合よりも効果的で副作用が少ないことで人気になっているのが、レチンAクリームでの集中ケアです。
レチンAクリームはトレチノイン酸を配合したクリームでハイドロキノンと併用するとターンオーバー促進作用やコラーゲン生成作用でニキビ、シミ、シワなどの肌老化の改善にかなりの効果が期待できるとされ早く肌の改善を望む人にはおすすめのクリームです。
因みに濃度が0.025%、0.05%、0.1%とありますので、初めて使用する方は、レチンAクリーム0.025%からはじめるとよいでしょう。

レチンAクリーム0.025%の使い方は、洗顔後、低刺激性の化粧水で肌を整えた後、綿棒で気になる部分に薄く塗ります。
コツはレチンAクリームはしみの内側、その上からハイドロキノンをシミの外側まで薄く塗ります。
レチンAクリーム0.025%の効果は1~2ヶ月後から表れシミが改善されます。
しかし、個人差があり肌トラブルや副作用も心配されます。

少数の方に食欲増進、体重の微増、眠気、肌が一時的に赤く腫れたりヒリヒリ感を訴える方もいます。
必ず、低刺激性の石鹸での洗顔、化粧水でのスキンケアを怠らず、日焼け止めクリームで保護して、最初は1週間に1回~2回程度の使用からはじめましょう。

サイト内検索
最近の投稿