リラックスしている女性

主成分レチノイン酸とは?

笑顔の女性

レチンAクリーム0.025%は、しわやしみの改善を求める人たちに利用されている薬です。
特に太陽光によってダメージを受けた表層の小じわに効果が期待出来、ニキビなどの改善効果も得られます。
レチンAクリーム0.025%を治療したい部分に塗ると、代謝を活性化して古くなった角質層をはがれやすくする働きや、表皮の細胞を分裂させて皮膚の再生を促す働きが起こります。
それから、皮脂腺の働きを抑え、皮脂の分泌を抑える効果があるのは、ニキビに有効と言えるでしょう。
他にも、表皮内でのヒアルロン酸などの分泌を高め、皮膚をみずみずしくする作用や、真皮内でコラーゲンの分泌を促して長期的には皮膚にハリを与えて小じわの改善が目指せるなどの嬉しい効果が期待出来るため、美容を求める人たちの役に立つクリームです。
レチンAクリーム0.025%の主成分はレチノイン酸で、成長や発達に必要となるビタミンAの機能を媒介する役割を果たす成分です。
レチノイン酸は脊椎動物にとって必須の成分と言われていますが、日本国内では化粧品に使用することが認可されていないため、この成分を使用するためには皮膚科や美容クリニックで処方してもらう方法や、個人輸入代行サイトなどでの通販で薬を入手することになります。
レチノイン酸は細胞を活性化する力が強い薬でピーリング効果があるため、使用数日後から好転反応として皮膚炎が起こることが多いです。
適度な範囲内では心配ありませんが、医師の指導の下で使う方が安心であるとは言えます。
レチンAクリーム0.025%は最低でも1カ月は使い続けないと効果が実感出来ない薬であるため、じっくりと治療を行っていく根気が大切になります。
使い続けて1~2カ月経つとしみが消えはじめて肌に弾力が戻り、皮膚の再生が実感出来るとされています。
その後も使い続けると、古い角質層の減少と新しい細胞の増加によってしわの改善効果も感じられるはずです。

サイト内検索